Old Review | レビューG~K


GANGWAY The Twist irmgardz CD

h501

後期のエレ・ポップ路線も嫌いではないけど、初期のアコースティックな頃がやっぱり好きです。どことなく、ふんわりした肌触りが気持ち良い。世代的に再発盤手に入れるのが精一杯だけど(LP高過ぎ!)、この頃の音楽って凄い好き。今聴いても全然古さを感じないし。

2000.03.31

GANGWAY Sitting In The Park lrmgards CD
h505

1stに比べると少しゆったりした感じ。同バンドの作品中最もネオアコ色が強くてちょっぴり泣けてきます。2ndまではとにかく文句無しです。これを境に、以降、徐々にエレポ度が上がって行きますが基本的にどの作品もあったかくて素敵! 最近になって3rdが再発しましたので、未聴の人はそこから入るのも良いと思います。…でも何で3rdから再発なんでしょ?

2001.02.27

GAZILLIONS Have Landed round CD
round

バンドの方から、CD送るからレビューしてくれってメール来ました。なので載せます(笑)。資料によるとUSのバンドで結成してから日が浅いみたい。詳しい事は英文なので…。聴いた感じはweezerとsilver scooterを合せた感じの、ガレージ寄りのパワーポップって感じ。所謂うるさい音系(←苦手:笑)なんですがポップなので聴き易かったかな。

2000.09.03

GENTLE TUESDAY A Gentlemans Loundry timebomb LP
wonder005

シングル編集盤です。はっきり言って7"とCDsはほとんど持ってたので、知らない曲は数曲だけでした (笑)。でも、こーして聴いてみるとやっぱり良いっすねー。今いるバンドで、これだけネオアコ色が強いのって数える程しかいないし。もう、バンド名からして、期待しちゃうもん。はやくアルバム出してくれないかなー。

1999.08.11

GET UP KIDS Something To Write Home About doghouse LP
dog066

分かり易くて良い感じ。バンド名からして、音が想像できますよね。パンク的な部分と、ギター・ポップ的要素がバランス良く入ってます。ashとかchewyにも通じる部分があるかも。ただ、こっちの方が、よりストレートで僕は好き。ほんと、爽快です。ライブなんか絶対盛り上がりそう。たまに聴くと気持ち良いです。

1999.10.06

GIRLFRIENDO Surprise! Surprise! It's Girlfriendo siesta LP
siesta72

ジャケで退く人多いと思うけど、良いですよこれ。でも、好き嫌いがはっきりしそう。基本的には、爽やかポップって言えると思う。男女混合ヴォーカルも絶妙。曲によってVoが変ってるけど、どれもこのバンドらしさが出てるし。力の抜き加減がちょうど良い感じで好きです。ただ、黄緑ヴィニールはやめて欲しかったけど (笑)。

1999.07.31

GO-KART MOZART Instant Wigwam And Igloo Mixture west midlands CD
-

ローレンス(ex.felt)の新バンド! もう生地系の名前じゃない…(笑)。 音はやっぱりdenimの延長線。と言うかあんまり変らないです。ただ毒っぽさが抜けて聴き易くなってる感じもするけど。所々、el時代のfeltを彷彿させたりしてグッときちゃいました。ローレンスが新作出した事が純粋に嬉しいです。来日したら絶対行くんだけどなー。来日熱望です。

2000.01.06

GOLDSTONED Our Man In Soulburbia pat sounds CD
pat

この間の7"も相変わらず良かったー。ドイツのバンドと聴いて、なんとなく納得しました。薄っぺらな音なんだけど、なんかカッコイイんですよ。ソウル寄りのマンチェ、って感じかな? 色んなジャンルがごちゃ混ぜ。ネオ・アコっぽい曲もあるし得体が知れません。歌詞の繰り返しが妙に耳に残ります、頭から離れません。

2000.02.10

HALFWAY TO EDDIE'S Flesh, Blood And Linoleum probe plus LP
probe27

詳しいことは不明。根底はフォーキーなんだけど、トラッドな要素あり、ジャジーな一面もあったりと面白いバンドだと思います。bluebellesとfive guys named moeを合わせた感じ!? ヴォーカルは男女混合で、曲によってガラっと雰囲気変わります。派手では無いですがノスタルジーで乾いた感じがしんみりとした気分にさせてくれます。

2001.07.23

HARVEST MINISTERS Little Dark Mansion sarah CD
sarah616cd

sarahのバンド群で数少ない現役組。バンドの詳細は実は知らなかったりしますが、少し前にmarchから出ていた作品を聴くとかなり雰囲気違うなーという感じです。レーベルの中でもかなり地味な存在(音が渋い!)だったので、新譜を聴いてから暫くの間は元sarahって事に気付きませんでした。声で好き嫌いあるかも知れないけど、しっとりした感じで雨の日に聴きたくなります。

2002.01.21

HARVEY WILLIAMS Calfornia shinkansen CD
shinkansen16cd

sarahの後継的とも言えるレーベルshinkansen、んでこれはanother sunny dayなのです。基本的にはピアノの弾き語りがあったりのアコースティック調の泣きメロ。ネオ・アコ色全開で安心して聴けます。ただ、これ位で終わって欲しくは無いかなぁ。もっと良い曲がかけると思うもん。レーベル共々これからがとても楽しみです。

1999.11.26

HEPBURNS The Magic Of The Hepburns cherry red CD
tfck88817

彼ら唯一のアルバム。国内盤の帯には80年代のスティーリー・ダンなんて書いてあるけど、やっぱりそんな感じ。それとaztec cameraフォロワー的な要素も多いけどオリジナリティーのあるバンドだと思います。良い曲は凄く良いけど、…って言う当時ありがちなパターンは否めないけど、良い曲は本当に好き。

2000.08.16

HIGH LLAMAS Snowbug v2 CD
63881-27063-2

相変らずイイッス。本当に、あったかくて気持ち良くって。寝ながら聴くと熟睡しちゃいます。beach boysにも通じるpopな部分と、現代バンドならではの実験音響的な音との融合?、 保守的な様で実は革新的、そんな不思議な雰囲気が大好きです。

1999.11.05

HOLIDAY Cafereggio spinart CD
spart59

もう解散してからけっこう経つんですよね。これがラスト・アルバム。青春ギター・ポップ。曲作りがとても上手なバンドだと思う。いろんなタイプの曲が入ってるけど、全然違和感無いし。基本路線は、弱々Voに優しいメロディー。それにホーン、安っぽい打ち込み、…で、轟音ギター (笑)。僕の好きな要素が詰まってる。たまに、無性に聴きたくなります。

1999.08.28

HOLIDAY FLYER Blue Harvest darla 10"
drl058-1

元rocketshipのメンバーが作ったバンド。これは6曲入りのミニアルバム。どの曲も爽やかで透明感があるんだけど、聴いてて元気が出るようなタイプでは無くて、胸が締めつけられるような感じ。スゴイ繊細で、あったかくて心が洗われるって言うのかなぁ。もう、とにかく泣きが入ります。

1999.08.07

HOLIDAY FLYER You Make Us Go darla LP
drl088

最新作です。うわぁ~、もう泣きそうですよぉ! ムチャクチャ良いです。泣き泣きのメロディーに、爽やかな男女混合Voが胸キュン。ドラムの代わりにピアノ、フルート等を使用って事で、アナログ的で優しい音になってます。これはずっと愛聴すると思う。本当に感動的。ネオアコ世代~現在USインディーポップが好きな人は是非聴いてみて下さい!

1999.08.18

HORSE LATITUDES September Songs cherryred CD
tfck88819

doorsの曲名から名付けられたらしいです。雰囲気は全然違っていて、同レーベル内だとmexico70とeyeless in gazaを合わせた感じでしょうか。ちょっとジメジメした感じで今の季節には多少暑苦しいけど、良い曲書いてると思います。このレーベルにしては珍しく、USテイストなバンドです。Robert Wyattのカバーも(渋い!)なかなかの佳作。

2001.06.09

HOT RAIN Stay True pine tree LP
twig002

リヴァプールのバンド。オリジナルアルバムは多分これだけだと思うけど、地味ながらも暖かみのあるサウンドです。ジャケのようにどことなく寂しげで哀愁を感じます。今でも活動してます?が、現在は残念ながら女性ヴォーカルのAvrilが抜けてしまい雰囲気は少し違う感じです。キラキラ具合等はhit paradeに近いかも知れません。

2002.04.24

HOUR MUSIK Love You clover 7"
#710

先日のGALAXY TRAINでよーやくライブ観れました。もう本当にカッコ良かった! 音は割とrocketship+stereolab的なイメージだったけど、ライブはシューゲイザー的な要素もあったり…世代的にあの時代の音ってリアル・タイムで体験出来なかった分、なんか嬉しかったです。で、意外にもこれが初シングル。アンビエントなb面も良い感じ。

1999.10.20

HOW TO KNOW The Butterflies Of Love secret7 CD
secret017

まるで、~90年頃のクリエイション・バンドのような雰囲気。全体的にアコースティックで、ちょっぴりサイケがかってるけど、根はフォークっていう。個人的にはbiff bang pow!に近いかなー。良い曲とダメな曲の落差とか(笑)。あそこまで繊細じゃないけど、コーラス・ワークはすごくきれい。

1999.12.19

IMPOSSIBLES How Do You Do It? fontana CDs
poscd1

僕が存在を知った頃には既にお店によっては、良い値段で売られてた様な気がします。マイブラのケヴィンが絡んでるという理由で聴くと面食らうかも。…それとは別に良く出来たポップスだと思いますが。前に表題曲がカバーされているのを聴いてかなり気になってますが、誰が歌っているのかさっぱり。知ってる人教えて下さい。

2001.11.12

IN EMBRACE Wanderlust glass LP
glex102

cherryredからもリリースしていた彼らのglass時代のシングルコンピ集。シングルによってもガラリと雰囲気が変わりますが、個人的には打ち込み系のポップな曲よりもアコースティックなアカペラ風の曲の方が、らしさがあって好きだったりします。80年代初期音源って事もあってゴス色も少々。意外とjoy divisionとかcureと同じ括りで捕らえられるバンドかもしれません。

2001.10.22

INNER SLEEVE Looking Up fiece panda CD
nong07cd

シューゲイザーっ子なら絶対買っちゃいますよね、これ。chapterhouseとslowdiveのメンバーがいるバンドじゃ良いに決まってると思うし。僕的にはかなり期待していた割には、…って感じでした。まぁ、勿論良いんだけど、人に勧める程ではないかなぁ。疾走感はあるけど、もうちょっとマッタリして欲しかった。次作も出れば買っちゃうだろうけど。

1999.07.23

JESUS FEVER Dozens Of Great Views green CD
green005

ここ一週間位、通勤時はいっつもこれ聴いてました。んと、一部では関西のマイブラって言われてるんだけど、そんな一言では片づけられないっす。shoe-gazerって言うよりはサイケな感じ。キャッチャーじゃなくて実験的。でもついつい聴いちゃいます。音に酔っちゃうんですよ。爆音で聴くと本当に気持ち良くって。とにかくlive観たいなぁ。

1999.10.10

JIM JIMINEE Welcome To Hawaii vinyl japan LP
asklp91

最近の再発ブームの中でもこれは決定的っすよね。再発するまでは絶対手に入らない物だと思ってたし。中古屋で初めて見た時の値段を思い出すなぁ。「Town And Country Blues」はやっぱり最高だけど、それ以外の曲も良いです。オリジナリティーのある楽曲ばっかし。一聴しただけで、直ぐにこのバンドの音だって分かります。カッコ良いっす。

1999.10.15

JOAN OF ARC Live In Chicago,1999 jadetree CD
jadetree

詳しい事は分かんないけど、ライブ盤ではないでしょ。このタイトルっていったい…? 音的には湿ってて、内へ内へ入って行くタイプ。寒い夜に一人で聴きたいです。シド・バレット+ニールヤングって言ったら誉め過ぎかなぁ。静寂の中にも激しさを秘めてる感じ。儚くて心染みます。(僕が聴いた)最近のこっち系だと一押し。

1999.07.10

JOHN CUNNINGHAM Shankly Gates la-di-da CD
kicp265

LA-DI-DAで一番誰が好きかと言われれば、即答で彼ですね。全体的に陰りのある内省的な雰囲気で、ヘナチョコな歌がやけにマッチするから不思議な感じです。アレンジ自体は意外と奥が深くて曲によってはBen Wattのような雰囲気も。ピアノとトランペットの配置も効果的な佳作です。切羽詰るような泣きメロと言ったら良いのかな?

2002.05.09

JOYZIPPER Transfomation Fantasy eye q 7"
eyeuk042

ここ何年かって、圧倒的にukよりusの方が面白いですよね。特に新人のuk物だとあんまり、…ってのが多かったけど、このバンドは良いです。でも音的にはusインディーズなんだけど。uk版wolfieって感じ。ヘボ・ポップ+男女混合Voだし。B面のダラダラ調→ミドル・テンポに変わる曲が気持ち良いです。ちなみにフル・アルバムも出てますよ~

1999.09.25

JUMBO C.B.Mamas bright orange biscuit LP
biscuit

シングル2枚も良かったんで、期待してたけど、予想以上に素晴らしい!。思ったよりも断然ロックしてるし。最近のインディーズ物って60年代の音を現代風にアレンジ、ってバンドが多いけど、これはモロですね。んで、ポップと言うよりロックな匂いがします。デタラメだけどカッコイイし。で、このバンドもuk産。こーいうバンドが増えるとukも良いんだけど。

1999.09.29

KEEP IT DARK 1st Down Ten charisma LP
cas1172

prefab sproutと16tambourinesを合わせた感じでしょうか。このバンドも例外に漏れずsteely danの匂いを漂わせてます。3ピースとは思えないほどゴージャスな作品。ヴォーカルが熱いので多少好みは分かれるかも知れませんが、B面頭の「dreamer」は当時を代表する名曲。序盤の静かな雰囲気から、ジャジーな要素満点の後半への盛り上がり方が感動的です。

2001.07.31

KEN STRINGFELLOW This Sounds Like Goodbye hiddenagenda CD
aha!004

とにか暗い、です。おそらく一人で全部やってる気がする。宅録&ギターの語り弾き? もう、ドロドロしてて絶望的に暗いけど、何故か安らぐ感じ。ここのレーベルってparasol傘下の内の一つなんだけど、暗い打ち込み系が多いです。…例外もいますが。中でもこれが一番(暗さ的にね)でしょう。

1999.07.30

KINGS OF CONVENIENCE Quiet Is The New Loud source CD

sourcd019

収録曲の半分以上は前作に収録されてるけど、録り直ししたのかアレンジが変ってる曲が多くて、少し華やかになった感じです。それにしても相変わらず美しいハーモニー。現役バンドでここまで綺麗な曲を書けるのは希有な存在じゃないでしょうか。デュオって事もあるし、fantastic somethingが引き合いに出されるのは避けられないかもしれないけど、決して二番煎じのバンドじゃないと思います。

2001.02.09