Review | レビュー01


Gentle Tuesday / What My Sister Wants
gentle tuesday

バンド名からレーベル名まで確信犯的な要素が強くて、その時点で好き嫌いが分かれますよね。これは多分3rdシングル。編集盤LPに唯一A/B面共に収録されて、LP持ってると実は買う必要が有りません。緩やかな「パパパ」コーラスのLP未収録1stシングルが内容は一番ですが、ジャケ的にはこれが好きです。6枚あるシングルのどれもが素晴らしいジャケット。ヘボ路線が好きな人にはお勧めです。内容気に入らなければ飾り用って事で…。

20021214

Frazier Chorus / Sloppy Heart
frazier chorus

ブライトンのエレポップグループ。 Lightning SeedsとSaint Etienneを足したような感じのドリーミィーポップ。基本的には暗めで、そこがまた4ADからリリースされている所以なのかも。フルートとして参加していたKateはCreation、現PoptonesのオーナーAlan Mcgeeの奥さんだったりします。だからって訳じゃ無いけど、ジャケットの雰囲気がBiff Bang Pow!と似てる気がするのは僕だけでしょうか?

20021211

French Impressionists / A Selection of Songs

french impressionists

久々に東京でも雪が降りました。寒いとこんな都会でも空気が澄んだ感じがして、僕は冬が好きです。小粋なピアノとパーカッションに載せて歌われるハイトーンの女の子ヴォーカル。ジャジーだけど、あくまで可愛らしくて、瑞々しいバンド。Crepusculeの国内版レコードにはそれぞれキャッチフレーズが付いて、彼女達のそれは「キ・ラ・メ・ク・感・性…」(笑)。でも本当にそんな感じ。同レーベルのバンド群は陽の力が弱い感じで、やはり冬が似合うと思います。

20021209

Felt / Let the Snakes Crinkle Their Heads to Death
felt

僕にとって最も思い入れの強いバンドの1つ。10年かけてCherryred、Creation、Elと渡り歩く過程で様々な音楽的変化をみせましたが、その全てを溺愛しています。彼らの最高傑作はラスト作だと思ってますが、今回は何故かこれを選んでみました。再発が多い作品で、ジャケットが違うだけの理由で5枚持ってます。そんな事繰り返してるうちに彼らの作品だけで既に50枚以上。CD、LP、再発、国別…キリ無いです。

20021206

Servants / The Sun, A Small Star Meredith
servants

アルバム1枚とシングルを何枚かリリースしていますが、リリース時期によってメンバーがかなり違います。やはりPhilip Kingが在籍していたHead時代が特に良いです。A-1は代表曲で適度に捻くれたメロディとゲストによるヴァイオリン、間奏のギターフレーズと完璧な仕上がり。その他もほのぼの感ある佳曲。Go Betweensと比較される事もあるけど、この時代は完全に彼らの方が上ですね。

20021204

Bloody Marys / Paris Party Hour
bloody marys

ブリストルのバンドって位しか詳細は知らないですが、極々一部で人気のバンド。僕が知る限りこれの他に2枚のシングルが有ります。ジャケットのセンスの無さとは裏腹にそのサウンドはひたすらキャッチャー。 Ugly man系のヴォーカルにメロディはBrilliant Cornersに近い雰囲気。まぁしょぼいですけど、一度聴いたらメロディ覚えちゃうような「これぞギターポップ!」って感じです。

20021201

Hepburns / Goalmouth Lncident
hepburns

小気味良いギターカッティングとさり気無く入るピアノ。やはりA面の2曲"Made Up""The World Is"ですね。キラメキ度かなり高めです。ネオアコCDRを作る時に彼らの曲はいつもどちらにしようか悩んでしまう程甲乙つけ難い私的名曲。元々アルバム未収録なんですが、国内版CDにはボーナストラックとして本12"の曲は全て入ってます。長い沈黙を破って新作をリリースしましたが、アレどうなんでしょうね。僕はノーコメント…。

20021129

Deep Season / Looney Tunes
deep season

Jim Jimineeのメンバーが解散後に組んだバンド。ネオアコを期待して聴くとビックリかもしれませんが、AOR的な要素も取り入れたスケールの大きなロックで、人によってはこちらの方が好きかも知れません。楽曲の出来にムラがあるのが少々残念ではありますが、アルバムにも収録のB面"In London"という曲が地味ながら大好きです。

20021128

Wind / Living in a New World
wind

Wall of Orchidsなど数々の伝説のバンドを組んだLane Steinbergによる初期のバンドがこのWindです。他にもう1枚LPがあるようですがそれは未聴。60年代のハーモニーポップの影響をモロに感じさせる音。予備知識無しで聴いたらとても80年代の作品とは思えない、何の捻りも無い60sそのままですが、ストレートに愛情が伝わって来る感じにとても共感できます。

20021126

One Night Suzan / Don't Let Them Kill Our Taste
one night suzan

Croonerの前身としても有名なバンド。当時はギターだけでボーカルは別の人です。Shelflifeのコンピ等でもいくつかの音源を聴く事ができますが、本作に収録の"It Is True"が一番好きです。ゆったりとした所からだんだんと盛り上がっていって最後はキラキラギターが鳴り響くあの瞬間は何度聴いても胸一杯です。地味ながら素晴らしい曲を書く人ですね。

20021124