Review | レビュー10


Graham Fellows / Love at the Hacienda

graham fellows

ネオアコで世界一好きなLP。Ideaのコンピでトリを飾った"Denise From Doncaster"の別テイクは勿論ですが全編あれと同等以上の素晴らしさ。初めて聴いた時は本気で固まりました。冒頭でネオアコと書いたけど、一言で言うと切なくて甘酸っぱい100%ソフトロック。最終曲の男女子供SEからサビでのハンドクラップが特に最高で、これ聴くといつも頭がグルグル回ります。これだけはレアだから欲しい、って人には譲る気になれなくて2枚目は知人にプレゼントしちゃいました。

20031108

Julie and Gordon / J-J-Julie
julie and gordon

情報少なくて自信無いんですが、恐らくGraham Fellows関連。Gorodon The Mordonとリリース時期も近くて、Graham自体は直接関わって無いようです。70年代末って時代もあると思いますが、コミック・パンクっぽい感じで、捻くれポップ。曲自体はJilted Johonに対する本人からの返答みたい。JulieはGrahamのガールフレンドのようです。元が役者なのもあるけど変名有り過ぎでどこまで本人かイマイチ理解出来ないんですが、ジャンルは違っても不思議と「らしさ」があります。

20031107

Wallflowers / Blushing Girl Nervous Smile
wallflowers

Dylanとは関係無い方です。3枚のEPの中でも、彼らと言えば"Thank You"ばかりが取り上げられますが、本作もそれに劣らず、と思ってます(もう1枚は…)。キラメキ・ギターが胸を打つA面は優しいメロディにひたすら身を委ねたくなるような名曲。決して巧いとは言えないヴォーカルですがFrank And Waltersのようなひたむきな感じで一度聞いたら忘れられないサウンド。比較される事もあるけど、トラキャンのどのシングルよりも好きです。

20031106

Lise Westzynthius / Heavy Dream
lise westzynthius

デンマークの女性によるソロアルバム。生音と打ち込みが絶妙に融合したメロディーに、美しくて消え入りそうなヴォーカルがとにかく和みます。予備知識無しでも十分楽しめる作品なんですが、Henrik Balling(ex:Gangway!)がプロデュースしている曲有り。実際に彼がギターやピアノまで担当してたり。音その物はSweetmouthをややエレクトロニカ寄りにしたような感じです。ライナーにさりげなく載っているGangwayのLPジャケに涙。一人でしんみりと聴きたい作品。

20031105

Killjoys / Ruby
killjoys

オージー・ネオアコとしてEven as We Speakの次に好きなバンド。英国のそれと似ているようで違う雰囲気ってこの土地柄なんですかね。シンプルな演奏ながら随所に使われるヴィブラフォンと、綺麗で伸びやかな女性ヴォーカルがマッチしていて、秋の夜長にシンミリと良い感じ。これしか話題にならなかったけど、実際は他の作品も内容変わりません。後期の方が少し明るい感じでネオアコ色は薄いけど、全部好きか、そうでないか好みが別れるバンドなんでしょうね。

20031031

Ride / Nowhere
ride

Markの来日観て来ました。Rideに出会ってもう10年経ちます。思春期に聴いてたバンドで思い入れ有り過ぎ。当時はプレーヤーまだ持ってなかったけど、Screamadelicaと合わせて初めて買ったレコード。学生の頃これを爆音で聴きながらバスに乗ってたら、運転手に「うるさい、静かにしろ!」と怒鳴られた事とか(笑)、懐かしい思い出です。結構シンミリするかと思ったら、全編語り弾きの終始アットホームなライブで、感傷的な気分にならずに心暖まる素敵な時間でした。

20031030

Starlets / Further into Night Forever
starlets

1stからもう2年なんですね。当時出た時かなり興奮したけど、コレ、ヤバくないですか?インディーポップで久しぶりに心から良いと思える作品に出会ったような気がします。クラブ受けしそうな曲もありますが、全編を通してストリングスが効果的に使われていて、ゆったりとした感じ。ちょうどこれからの季節にピッタリで。今後、レコ屋や雑誌でも絶賛されていくと思うけど、ホント最高です。同郷のベルセバなんて目じゃ無いし、自身の初期シングル群とも遜色無い名盤。

20031028

Soul Family Sensatio / New Wave
soul family sensation

Firestation Towerからのリリースでもお馴染みのSensation。その前身バンドとしても一部では有名なバンド。意外と知られてないのが、コアなネオアコ好きには有名な Metro Trinityのメンバーが組んだバンドって事。サウンド的には全く違う両バンドですが、名前からも分かるように、Sensation寄り、と言うよりはそのまんまの音。悲しい事にMetro Trinityの100分の1位の値段で売っています。後期Gangwayとか好きな人ならOKだと思います。

20031027

Alternative Radio / Valley of Evergreen
altenative radio

リヴァプールの兄弟デュオ。もともとドリーミィーポップを聞かせる彼らですが、LP未収録であるB面"Summer'85"は、同じ兄弟(こっちは双子だけど)デュオであるFantastic Somethingにも負けないキラメキ・ソング。少しJimmy Jimmyっぽいヒット狙い的な感じもありますが、幻想的なメロディでソフトロック好きにも十分アピール出来る名曲。安レコでも良い物はたくさんあるのにね!という好例のようなバンド。

20031026

Aztec Camera / Just Like a Gold
aztec camera

Postcardからの1stシングル。この曲の素晴らしさは素直に認めざるを得ないです。非難を承知で書くと、Smithsと比べれば、迷わずSmiths派だし、ネオアコとしてもPale Fountains程の思い入れは無いバンド。海外の相場を見ても、日本だけ過剰に人気があるような気がするのは僕だけ?B面もここでしか聞けないバージョンですが、これはまあまあ。早熟の人だけあって、1stにしてこの出来映えは恐ろしいですが。

20031022