Review | レビュー07


Lucinda Sieger / Heart in the Sky

lucinda sieger

サインは気にしないで下さいね。2001年に製作された2ndアルバムが、ようやく正規発売!そこまでの過程を知ってると本当に涙無くして聴けません。Massive Attack参加も影響あるのでしょうか、ほんの少しトリップポップ寄りテイスト。1stと比べると格段にバラエティーに富んだ楽曲群。IkonやNicoletta好きに是非聴いて欲しいです。本当に格が違いますから。果たして日本のレコード屋に並ぶ日は来るのでしょうか。

20030808

Lucinda Sieger / I Believe
lucinda sieger

emレコードによるSunset Redの再発で多くの人に知られる事になった彼女の1stアルバム。ちょうどemの再発頃から急激にレア化していったような気がします。事実、彼女名義では一番入手困難でしょう。一時期は普通にamazonとかでも買えたのに、僕は後手後手にしてしまって入手するのにかなり苦労しました。全編語り弾き中心のしんみりとしたちょっぴり切ない作品。初期〜中期のEBTG等に近いかも知れません。

20030806

Sonny Criss / Go Man!
sonny criss

今年の正月に2年振りに帰省しました。やっぱり家ではする事無くて、暇つぶしに行った中古屋で購入した1枚。前からジャケットだけ気になっていたけど、なかなかキッカケが無くて買えずじまいでした。この辺は無知なので背景とか良く知らないです。ひたすらサックスが鳴り響いているのに、基本的にはシンプルな演奏。そして、ゆったりとしたこんな雰囲気のジャズが好きです。ジャケットも音楽にマッチしていて、お気に入りの1枚。

20030804

Bob Dorough / Devil May Care
bob dorough

音楽の聴き方って人によって様々だと思います。聴ければ録音でも良いって人。とにかくオリジナルって人もいるだろうし。僕は音が良ければ再発でも全然OKです。で、 紙ジャケCD系のリマスター盤に関しては、ハズレが少なくてついつい買い直ししちゃいます。…少スペース化も嬉しいし。この作品に関しては、紙ジャケの方が音は悪いですけどね(笑)。可愛らしくて愛嬌のある声と、ほのぼのとしたテンポで、ゆったりとした気分になれる1枚。

20030731

Stormboys / Wasted on Me
stormboys

恐らく彼ら唯一の作品。情報が全然無いので詳しい事は知りませんが自主制作だと思われます。Exhibit Bをもう少しエレポップ化したような感じで、なかなか楽しめます。サビで女性コーラスが入る辺りはポイント高め。7"でB面はA面のインストver。これ1曲だけでは判断し難いけど、他の音源もあるのなら聴いてみたいものです。84年リリースながら、英国の一部のレコード屋ではまだ普通に?新品で入手可能。興味のある方はお早めに!

20030729

Border Boys / Tribute
border boys

大抵のレコードが容易に入手できる今の市場は本当に素晴らしいと思います。ネオアコに興味を持ったばかりの頃は、このレコードにずっと憧れてました。Louis Philippeがどうこうよりも、やっぱりジャケットに。某レコード屋で壁に飾られている値段に衝撃を受けたのは今でもハッキリと覚えています。いつかは家に飾りたいな、と思ってたのに結局一回も飾った事有りません…。ただ、ほろ酔いで2曲目とか聴くと今でも泣きそうになります。やっぱり切な過ぎます。

20030726

Blueboy / Speedboat
blueboy

もう8月と言うのにこの寒さは何なんでしょうか?エアコンは付けてるけど未だに毛布はしまえません。そんな少し肌寒い時に彼らの音はマッチします。前にも書きましたが、僕はやっぱり2nd派。そしてSarahは極力CDで集めるようにしています。Sarahのアルバムって元々がシングル編集盤的な作品が多いじゃないですか。だったら通しで聴けるCDの方が良いかなと。音はLPに比べるとかなり悪いのですが、本作のようにCDのみ(ですよね?)のリリースもあるので統一感も含めて。

20030723

Almost Charlotte / Sleep
almost charlotte

少し前から人気になったこのレコード、そもそもは本人達経由で流出したはずなのに、お店によっては酷い値段付いてますよね。正直、内容自体は最高とまでは言えませんが、「いかにもネオアコ」なジャケットも人気盤の要素になってると思います。実際の音もジャケットのイメージ通りの雰囲気で、Personal ColumnやLouis Philppe辺りに近い感じ。もう少し軽いかもしれませんが、前述のバンド達と繋げて聴きたくなります。

20030717

Fantastic Something / The Night We Flew out the Window
fantastic something

最近は割と自由な時間に恵まれているのですが、レコードはあまり買わずに、整理も兼ねて昔好きだった作品を引っ張り出したりしています。60年代モノばかり聴いていた時期には彼らの音が焼き直しにしか思えない事があって、国内盤と輸入盤それぞれ持っていたLPも手放してしまいました。ただ、2枚のシングルだけは大切に持っています。 去年でしたっけ?、それぞれソロ名義で出た作品は、何も変わってなくて何だか複雑な気分でした。

20030712

Love Parade / The Guilt Chest E.P.
love parade

僕は秘密主義なので(笑)、多くは語れませんが某国ではまだ新品でゴロゴロしているそうです。前に「たくさん余ってるから1枚あげるよ」と、とある方から頂きました。…持ってたけどありがたく頂戴しました。彼らと言えばリズミカルなギターカッティングのlifeばかりが取り上げられますが、僕はB面のような優しい曲の方が好きだったりします。Turntable Friendはハズレも多いですが、ジャケットが良いので気が付くと集めてしまいます。

20030709