Review | レビュー09


Irene Sjogren Quintet / Sweet Surprise
irene sjogren quintet

この手のジャンルの作品について書くのは苦手。実際のところ、最近はこんな作品聴いてる時間が一番長いけれども。程良くグルーブしてて、小気味良いテンポに美しいピアノとホーン。そして抑制が利いたハイトーンの澄んだ女性ボーカル。ちょっとだけ憂いを秘めたこんな声大好き。ジャケット(本人)もそんな雰囲気にピッタリです。僕がオーディオに力入れるのは、こんな作品をボリューム小さめで一人で聞きたいから。

20031020

Tutti Bae / Mosaico
tutti bae

多分、ブラジル人ソングライターによるデビュー作。去年のリリースですが、日本ではあまり話題にならなかったような気がします。ボッサよりも、言葉の違いはあるけど、UKソウルっぽい仕上がりでちょっと大人の雰囲気。ちょうど手に入れた時期が一緒なのもあるけど、L.Siegerの新譜とどこか近い感性を感じる瞬間があります。僕だけかも知れないけど、日本の歌謡曲っぽく感じる曲もあって不思議な作品。

20031018

Heaven & Earth / Refuge
heaven and earth

当時の背景は良く知りません。アイドル・フォーキー・デュオ的な一面も持っていたのかも。ソフトロック的アプローチはそっち系が好きな人には十分過ぎる程の傑作。フォーキーデュオの作品としては、僕にはMellow Candleと言う絶対的作品があってついつい比較してしまいますが、美しいハーモニーとちょっと暗めの雰囲気にやっぱり弱いです。ゆったりとしたソウルフルな楽曲よりもファンキーな曲の方が合ってる感じ。乾いたギターも良い味出してます。

20031017

Kelly Stevens:carnival / When You wish Upon a Star
kelly stevens

フィンランド産グループによるディスニーのカバー集。元曲は半分位しか聞いた事なかったけど、そんな事はどうでも良いくらい初めて聞いた時は興奮しました。グルービーで緩急に富んだ作品群。フルートを交えたバラードから、スキャットを取り入れた高速チューンまでかなりハイレベル。これがCD化された当時はほぼ毎日職場で流してたような記憶が有ります。反感買ったけど(笑)。ジャケットも大好きで本当はLPで持ちたい1枚。

20031016

Johnny Dee / Motorbike Loves You

johnny dee

僕はネオアコに到達する過程で邦楽を経由してません。良くダメ出しされますが、未だにフリッパーズの2nd持ってないし、ブリッジはベストだけ持ってるけど愛の無いパクリが何か嫌で聴いて無いし。あんまり国は意識しないつもりですが、日本のネオアコで最初に思い浮かぶのがこの曲。アルバムはあんまり聴いてないけど、タイトル曲のような男女混合ボーカルに基本的に弱いみたい。

20031015

Gangway / Once Bitten, Twice Shy
gangway

世間では2nd、3rdアルバムが一番評価が高いのでしょうが、僕は1st派です。1stCDにボーナストラックで入っていますが、素晴らしい初期シングル群の中でも、この作品が最も思い入れ有り。 初めて聴いた時は言葉にならない位感動しました。 歌心溢れるA面は"Mountain Song"と並ぶ彼らのベストトラック。テンポは決して速くないのに、何処か切羽詰った感じに、あの声のマッチングが大好き。CDは音が悪いだけなのかver違いなのか分かんないけどイマイチ。

20031014

Microdisney / Dolly
microdisney

僕はかなりのSmithsっ子なんですが(Felt程では無いけど…)、当時、High Llamasの延長線の音をイメージして聴いたらあまりのSmithsっプリにかなり困惑した記憶があります。レーベルのせいもあってニ番煎じ的な位置付けで消化してしまい、あんまり思い入れの無いバンドなんですが、このシングル曲は大好きです。 淡々としたイントロから特に盛り上がる訳でも無く、煮え切らずに終わるあの感じが好きで、落ち込んだ時に聞きたくなります。

20031008

Blind Mr. Jones / Tatooine
blind mr.jones

今年になって遂にマイブラもサントラだけど始動したり、SarahのシューゲイザーであるSecret Shineの編集盤がリリースされたりと密かに再ブーム到来?、と一瞬だけ自分内でもブームが来ています。 少し前にChapterhouseのベスト盤が信じられない値で売られてるのを見て、複雑な気分になったりもしましたが。本作は、1st以上に話題にならない彼らの2nd。もう少し日の目を見ても良いバンドは幾らでもいる筈なんですが…。

20031006

Going Red? / Some Boys
going red?

ちょっと弾け具合が強いですが、複数の名義を持つG.Fellowsのバンドの中では1番本家に近いです。B面はかなりダメで全然聞いてませんけど、タイトル曲はテンポの良い掛け合いに手拍子が入る辺り、あのLPに収録されていても違和感が無い名曲。彼は僕の中ではソフトロックって括りなんですが、本作ではあまりそんな色が出なくて、インディー・ポップみたいな感じ。CDでも聴く事が出来ますので、ある意味コレクターズアイテム。

20031004

La's / There She Goes E.P.
la's

音に付いては触れるまでも無い超名曲。大きく分けて、青、赤、白にLPと同じジャケの4種類あると思いますが、オリジナルはコレですよね? 恐らく"Way Out"はこれでしか聴けないver。個人的には仏盤の紙ジャケCDsにしか入っていない"Calling All"が聴きたいのですが誰か録音してくれませんか?過去3回手に入れましたがいづれもハズレでした。ちなみにうちの7"は何故か盤の印刷が両方ともB面になってます。曲はちゃんとA面も入ってますが。

20030920