Review | レビュー06


Apple Boutique / Love Resistance

apple boutique

数々の名作を残したCreationレーベルにおける恐らく最も入手困難な1枚。80年代末から90年代初頭にかけての本レーベルは思い入れ強いですが、中でも初期Primal ScreamやFeltと並んで別格のバンドです。陣営をみれば仕方が無いですが、Feltに通じる陰りがあるサウンドに甘酸っぱいヴォーカル。プロデューサーにはこれまたFelt絡みのNeil Scott。バンド名は、やっぱりFeltの曲名から?? どちらが元祖なのか気になるところです。 …殆ど親戚バンドですよね。

20030705

Summerhill / I Want You
summerhill

Horse Latitudesは分かるとして、元FeltのNeil Scott云々で語られますよね。気になってFeltの(多分)全作品調べましたがどこにもクレジット無い訳ですよ。柄に似合わずライナーまで読んでみたら、Creation時代に一瞬だけサポートメンバーとして在籍していたようです。その前はEBTGにも参加してたみたい。ギターカッティングが泣ける"Goodbye"だけでアルバムより価値有りですが、モロに青春な裏ジャケが最高です。

20030703

New York New York / Same
new york new york

今の仕事するまでは、ゴリゴリのジャズってどうも苦手でした。このレコード買った時には、そんな事無かったのですが、良い意味でこの手の贋物って本家よりも愛着が湧いてしまいます。全体的に他名義の作品よりもアッパーでフロア向け。遊び心があって、どことなく余裕が感じられる感じ。ヴォーカル無いとダメって人は別ですが、ジャズへの橋渡し的な作品ですよね。洒落物好きにも。

20030628

Monty / Tottenham
monty

Dubiousでお馴染みMontyの12"。アルバムに比べると極端に見かけない1枚で、期待が大き過ぎたのか、初めて聴いた時はFeltのIndex並みの衝撃でした(笑)。僕はMarden Hillの2ndみたいのを期待していたので…。これはこれで意外と良いかも、と最近は思い直してます。たまに編集CDの1曲目に入れてみたりとか。 考えようによってはMarden Hillをもっと前衛的にしたような感じにも思えるし。DenimをもっとElレーベルぽっくしたような、そんな音。

20030624

Screen 3 / New Blood
screen 3

今となってはこの周辺の音って何処でも評価され難いのか、やたらと安くて少し可哀相ですね。Haircut100にそっくりなファンカラティーナ。ラッパの使われ方とか、曲はアッパーなのに少しうつむき加減なボーカルの組み合わせとか、紙一重ですが彼らは好きです。自宅で聴く事は殆ど無いですが、ネタとして?ついつい集めてしまうバンド。ちょっとマヌケで怪しげなジャケットも含めてどこか憎めないんですよね。

20030620

Spinning Wheels / A Million Years
spinning wheels

自分では、広く浅く、割と何でも聴く人間だと思ってます。ただ、ここ何年かはアノラック/ギターポップから確実に遠ざかってるのも事実で、たまに昔大好きだったバンドを聞き漁って再確認してみたり。アノラックでも元気一杯のフロア向けソングよりは、彼らのようにどことなく憎めなくて、ちょっぴり切ないメロディを演るバンドが好きす。そんな事もあって彼らの曲聴くと「まだ大丈夫。」って少しだけホッとします。

20030615

Secret Shine / Greater Than God E.P.
secret shine

Sea UrchinsやAnother Sunny Dayに代表されるキラメキ系バンドばかりが人気のあるSarahですが、同バンドのようなマイブラチルドレン系も、もう少し人気があっても良いと思います。個人的にはYou Made Me RealiseのB面に限りなく近いイメージでマイブラと合わせて年に何回か無性に聴きたくなります。そう言えば、シューゲイザーって猫ジャケ多いですよね。彼らもそうだし、Chapterhouseの編集盤とか…あれは違う?

20030613

V.A. / North of No South
v.a.

Cloudberry Jam等を収録した スェーデンのNonsレーベルの第一弾CD。世間で言われるような「スェディッシュ・ポップ」では無く、時代を反映させた「シューゲイザー」色が強い感じです。ただ、ギターポップ好きの方は、公式音源としては多分初(ですよね?)のSeashellsの2曲だけでも買う価値あると思います。Lovebirdsに代表されるような軽やかな感じではありませんが、蒼いキラメキ・ネオアコなStation Songが最高!

20030612

Twa Toots / Please Don't Play a Rainy Night in Georgia
twa toots

人によってかなり好みが分かれるバンドだと思います。僕は大好きです。これでしか聴けない曲もありますが、Accidentからの再発聴いてからでも良いと思います。SullivansやNo Flags同様、白黒ジャケでインナーにRS...って型番にハズレ無し。ただ、レーベル違うわけで(恐らく自主だろうけど)、単にプレス工場が一緒なのかもしれませんがこの繋がりって何なんでしょうね。誰かにカタログ化して欲しいものです。

20030609

River Roses / When We All
river roses

全部持ってるつもりだった35 Summersに4枚目のシングルが…!とビックリして買ったら同名異バンドだった事が昔有りましたが、USの方の前身バンドがこのRiver Roses。この周辺の事はあまり詳しく無いですが、名前からして分かる通りB級感を脱し切れない感じ。House Of LoveをOcean Blue寄りにしたような音で、ネオ・サイケっぽい曲も有ります。どちらかと言うとUKっぽい音ですね。

20030531