Review | レビュー08


Wayfarers / World's Fare
wayfarers

このLPの知名度ってどれ位なんでしょうか?Crepusculeのコンピにも収録されている彼らのフルアルバム。某ディスクガイドでも絶賛されていましたが、アルバムクオリティーはディスロケを越える素晴らしさ。ちょっと内省的な男女混合ヴォーカルに、全編に渡り鳴り響くホーン&かき鳴らされるギター。さりげなくボッサ・テイストも個人的にはかなりツボ。欠点と言えばこのジャケット位。裏面はネオアコっぽいジャケでカッコ良いんですが。

20030917

Friday Club / Window Shopping

friday club

淡いサウンドで、緩いグルーブ。そこに女の子コーラスが入って…僕の中ではネオアコの理想系の1つです。Man Upstairsと並んで、この辺の音に興味が無くなったら、ネオアコ卒業する時なのかなと思ってます。そんな時が来るとは思いたく無いけど。7",12"合わせて今となってはかなり入手し難いかもしれませんが、2toneレーベルのコンピレーションでも聞く事が出来ますのでCD派の人も含めてそちらを探してみるのも良いと思います。

20030913

Girl Talk / Marvellous Guy
girl talk

Strawberry Switchbladeの"Ecstacy"と並ぶ、NW〜商業ポップス系フィメール・ネオアコの決定盤。ルックス的にはStrawberry〜よりは遥かに上ですが、裏ジャケの髪のなびかせ方は、やはり当時を感じさせます。ヒット狙い的な大袈裟なアレンジに2人の息の合った爽やかなコーラスで、ガールポップ好きなら多分OKな内容。個人的にはNo Flags Etc.から繋げて聴きたい1枚。

20030910

Girl Scouts / I Don't Want to Be a Zombie
girl scouts

前のプロバイダー時代も含めてHP作り始めてから5年位経つけど、海外のバンドから年に数枚レコードを頂いてます。大抵レコードの他に微妙なサイズのポスターが付いてますが、彼女達は元からそれが付いてます(笑)。曲名からしてB級路線まっしぐらな感はありますが、予想に反してキャッチャーなメロディー。大量デッド・ストック発掘のお陰で今が買い時。少し前に比べるとかなり安いです。

20030908

Chrysanthemums / Odessey and Oracle
chrysanthemums

みんな大好きZombies。タイトルもまんまの完全カバーアルバム。ジャケットもそうだし、全編に渡ってユーモアが溢れているけど、あくまでも元曲に忠実で、初めてZombies聴いた興奮がまた蘇ってくるような気分です。何よりもバンドに対する敬愛の念が聞き手に伝わって来るんですよね。本家聞かないでこちらを聴く人って有り得ないと思いますが、純粋に良い作品なんだと思います。声質も似てます。全てのソフトロック、ポップス好きの方に。

20030904

Maurane / Danser...
maurane

タイトル曲がTVCFにも使われた事で有名な彼女の1st。ネオアコじゃないけど、Compactの雰囲気とか好きな人なら結構有りだと思います。どっちかと言えばEBTGをネオロカ寄りにしたような。カッコ良いし、フロア映えします。リリース枚数もEBTGと同じ位ありますが、何枚か他の作品聴いたら僕は駄目でした。今はどうなのか知りませんが、1st同士ならSiljeより僕は好きです。

20030902

Lost Gringos / Nippon Samba
lost gringos

この時期になると少しだけ聞きたくなります。今年は阿波踊り行けなかったので、気分だけでも…余計落ち込みます。ドイツのレーベルからサンバで何故か日本人メンバー在籍?、の全く訳が分からない多国籍作品。外国人が歌う日本語って何とも不思議な感じ。ずっと探しる曲がこれだと思い込んでた事があって、初めて聴いた時その曲よりも良くて得した気分になったのですが、今でも探してる曲が誰だったのか分かりません。

20030830

Pale Seashell / Neo Japanese Dilemma
pale seashell

仏レーベルの仏バンド。まずまず強力なバンドをリリースしていたのと、このバンド名&ジャケット…。様々な要因が加味されたのでしょう、先日、某レコ屋でプレミアが付いていてビックリしました。「あれ、これってそんなに良かったっけ?」 持っていたか悩んだ挙句に買わずに帰りました。案の定、家に有りましたが厳しい内容で2度ビックリ(笑)。やっちゃった人って結構いるんでしょうか。飾り用にしてもあの値段は…。

20030824

Cherry Orchard / Healing Faith Like Fire
cherry orchard

現在は、ギターポップバンドとしての認知度の方が圧倒的に強い彼らの活動休止前の1stアルバム。90年作。今の彼らとはかなり違うサウンドで、クレジット見るまでは同名異バンドかと思ってしまう位。小気味良いギターカッティングに、たまに入る女性ヴォーカル。今の方がポップですが、性急感があってモロにネオアコど真中で泣けます。突き抜けた曲は無いけど、アルバムとして高水準の作品。

20030819

Tempest / Didn't We Have a Nice Time?
tempest

本人作も含めてB.Valentino絡みの最高峰。Boothill Foot Tappersなんて足元にも及びません。僕には、お金幾ら積んででも生涯かけて手に入れたいと思ってるLP、ネオアコではもう存在しないのですが(EPはまだまだ有りますが…)、1枚タダで貰えるならやっぱりこのバンドですかね。シングル未収録曲一度は聴いてみたいです。シングルの中ではこのB面が一番好きです。皆はA面みたいですけど。

20030814