Review | レビュー11


Priscilla Paris / Priscilla Loves Billy

priscilla paris

Paris Sistersのリード・ヴォーカルを務めていたPriscillaによるBilly Holidayのカバー集。彼女のジャジーな声はバンド時代のガールポップよりも、本作のようなシットリとしたミドル〜スローナンバーが良く合います。どっちの作品が好きかと言われれば、僕はバンド時代の方ですが、本作はジャズ好きにも人気がある作品でSistersの方はダメだけどこっちは好きって人も多いらしいです。大人の色気があるシットリとした作品で、真夜中に照明落として聴くのが最高です。

20031220

Ornamental / Crystal Nights
ornamental

季節モノ。S.Switchbladeの片割れ、Roseのプロジェクト。派手なルックスばかりに目がいきますが、何故か彼女達の周りには豪華なメンツがたくさん参加していています。案外とあの時代では重要な役割を果たしていたのかも。反対に、Feltのラストアルバムにコーラスで参加してたりとか。音その物はSwitchblade時代と殆ど変わりません。小鳥のさえずりをバックにいつまでも変わらないウィスパーボーカルが心地良い一曲。同名義の作品ではこれだけ押さえてれば良いと思います。

20031219

Lani Hall / Sun Down Lady
lani hall

今まで体験した事が無い12月。何故かやたらと忙しい。家に帰るのは日付が変わってからで、そんな事もあってシットリとしたこんな作品ばかりを家では聴いています。僕のLPは盤質がイマイチで所々ノイズが入ります。どこでも売ってる作品だし買い直せばよい話だけど、何となく愛着があるので手放さないでいます。ソフトロックとかジャズとか知らなかった頃に純粋にCarole KingやJoni Mitchellを好んで聴いていたのを思い出して、少しだけ切なくなります。

20031211

Lovely Eye / Don't Look Down the Road
lovely eye

ミドルテンポのキャッチャーなメロディーに歯切れの良いギターのカッティングが心地良いバンド。このバンドの世間的評価ってどうなんでしょう。先日、某所で「あっ!」と思わず声が出そうになるような安値で落ちててビックリしちゃいました。海外でもあまり見かけませんが、Leamington Spaの候補群と比べても見劣りはしないと思います。何となくB.Wilsonの影響が感じられて、WondermintsとExhibit Bを足したような音かも。

20031202

O.S.T. / Barbarella
o.s.t.

この映画は観た事無いです。恐らく中身はたいした事無いような気がするけど、この時代のそんな雰囲気は大好き。今とは違うユーモアがあって、そこに素敵な音楽が流れてるだけできっと素晴らしいと勝手に思い込んでます。A&M的サウンドをベースに、エレキギターやシンセをちりばめ、ノスタルジックで切ない感じと、当時ならではの高揚感が同居した不思議な作品。Banana SplitのLioやDuran Duranの名前のネタにもなった映画で、ファンが多いのも何となく分かるような作品。

20031122

Spaced out / Enoch Light and the Light Brigade
spaced out

当時としては未来志向のサウンド。僕にとってはやっぱり当時の音なんですが、あの頃のソフトロックと並列で聴ける作品。部分的にはFree Designに近いかも。小さい頃は宇宙の事考えるのが大好きで、ロケットが作りたくて大学もそっち方向に入った訳ですが、どこかで道を誤って今に至ります。これを聴いてるとそんな事もあったなーと懐かしい感じがします。Beatlesなどの定番曲をムーグ等で味付けして立体的なソフト・サイケに。これ聴きながら寝ると気持ち良いです。

20031121

Karine Et Rebecca / Chantent
karin et rebbeca

そのまんまのフランス子供2人組み。政府認定のキャンギャルらしいけど、それはさておき子供物として分かりやすいポップな出来栄えです。フレンチだと可愛らしさがより際立ちますね。この関連はなかなか微妙な値段で手が出し難いですが、日本の方が以外に安いので地道に集めています。ジャケ違いも入れると何枚出してるのか全く謎ですが、コンピCDが出たとしても構わず集めたい、そんな素敵なジャケットも魅力の1つ。何故かクリスマスのイメージ。

20031117

Tree Fort Angst / Tilting at Windmiles E.P.
tree fort angst

Terry Banksを中心としたギターポップバンド。シングル編集盤でも本EPの4曲は全て網羅しています。再々編集盤買ってませんが、未収録曲の出来はどうですか?イマイチそこまでは触手が伸びないですが、Sarah時代よりも甘酸っぱい感じが好きです。音その物はSt.Christopherよりも、Sea Urchinsに近い感じ。このバンドはフレキシやCDも含めて音をそのまま具現化したようなジャケットも素晴らしいですね!これはちょっとStareltsっぽいですが。

20031115

Grooveyard / At Home with Grooveyard
grooveyard

Play Roomからのリリース。他にフレキシ有り(まだ有りますか?)。インナーは何故か70sガレージを思わせる、モロにロックなジャケット。それを見ると昔良く行った、某クラブを思い出します。パッパラ系アノラックをベースにしながらも、70sロックの要素も持っていて、全く違う2つのジャケットのイメージを合わせたような、そんな音。インナーと表ジャケが逆だったら買わなかったと思いますが。とぼけた感じが何とも憎めません。

20031112

Hang Ups / Top of Morning
hang ups

裏ジャケなんですけどやっぱりこっちで載せたくて。2ndアルバムの1曲目を飾ったお馴染みの曲です。爽やかな晴れた日に朝一で聴きたい感じ。RocketshipのHey, Hey, Girlと並んで90年代後半の米国インディーを代表する1曲。アルバムとバージョン全く同じなので簡単に聴く事出来ます。これはジャケット大好きで、あのラミネートみたいな空色の紙とか、いかにも手作りっぽくて良いです。ネオアコを飛び越えてソフトロック的なポップスの魔法がある作品。

20031111